~Skype&電話でお子さんの発達支援。ペアレント・トレーニングも開催~

グレーな卵、金の卵になあれ

ブログでペアトレ!④北風さんになっていませんか?

hinamama 2017年02月27日 

96d981700bbbffb0ad676e1fb87fa9b2_s

ペアレント・トレーニングで大事なことは、

減らしたい行動に注目してそれを注意するのではなく、

増やしたい行動に注目してほめること。

 

 

子どもをほめるのではないのですよ。

行動をほめるのです。

上手くいった時だけだとほめることが少ないですから、

増やしてほしい行動をしようとした時とか、

指示にすぐ従ってくれたなんてことない時とか、

減らしたい行動をしなかった時だって、

ほめるタイミングですよ。

 

 

出来ていない事(減らしたい行動をした時)、

親は感情的になります。

感情的になった時に放つ言葉は

きっと「北風と太陽」に出てくる北風さんのようになってますよ。

 

 

過去の参考記事(「北風を吹かせないために」

 

 

ビュービュー冷たい強風を吹いて、

子どもの上着を無理矢理脱がそうとして、

服従させようとしている・・・

 

 

昔の人も「それは意味がないよ」と言っていますから、

北風でなく太陽を目指しましょう。

子どもが努力している時、

減らしたい行動を我慢している時、

「お母さんはその頑張りを見ているよ」

と言う風に、「見てるよサイン」を送ってください。

そして、子どもの好ましい行動に声かけを。

 

 

あ・い・う・え・お

の声かけがおススメです。

 

 

:   りがとう」「っ、すごい!]

:   いね~」 「いよ~」

  :   「ん、うん」 「まい!」

    らい!」

:   ぉ~!」

 

 

こんな感じで。

「わあ、嬉しい」

「助かるわあ~」とかね。

お母さんが喜ぶことは子どもは嬉しいのです。

心がポカポカして、またやりたくなります。

 

 

子どもの良い行動を探すことに集中して、

減らしたい行動を真に受けないようにスルーできれば、

太陽母さんになるのはそう難しくはありません。

おためしあれ!
 クリック、励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

 

Screenshot_2017-02-02-20-04-20-1-2-1-192x300

ペアレント・トレーニング4月生募集中です

 

好評発売中です。

じわじわとamazonで売れています。


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

レビューも入ってきています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

ペアレント・トレーニング問い合わせもこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

新しい生活に不安はありませんか?

hinamama 2017年02月25日 

fcd72c2fedb4169d50e4fa9e3168db23_s

子どもたちが卒業式の練習をしています。

受験が終わって、新しい制服をオーダーしているかな。

それから、入園準備を始める頃です。

幼稚園は用意する物がたくさんあるから

大変ですよね。

今は幼稚園で袋物とか作ってくれる所が

増えているのかな?

私の頃はそれは大変だったけれど(+_+)

白状すると、家にミシンもないし、

布屋さんにおのおのの袋の寸法を伝えて

オーダーメイドにしちゃいました。

 

 

次男の卒園式の日、

私は号泣してしまったのを覚えています。

導尿や運動制限など、特別な配慮が必要だった息子を

とてもとても手厚く支えてくれた幼稚園。

それが、あれやこれや相談をされるでもなく、

他の子となにも変わらないような

あっけらかんとした対応でした。

職員がみな、不安を見せることなく

ニコニコ笑顔で息子を受け入れてくれました。

すごくありがたかった。温かかった。

 

 

卒園式が終わって、紙のお花で飾られた門を出る時、

突然大きな不安に襲われたのです。

この門を出ると、一般社会だ。

だれも支えてはくれない。

支えてもらうためにまた1から説明しなくちゃ。

また、1から人間関係を築いていかなければならない。

そう思うと重たくて重たくて、

怖くて怖くて、

門で見送ってくださった担任の先生を見つけたとたん、

涙があふれてしまいました。

 

 

卒園から入学へ。

卒業から入学へ。

この節目を迎えている親御さんたちは、

さぞ、不安な日々を送っているのではないですか?

 

 

知らないものは怖いもの。

知らない人も怖いもの。

今までたくさん苦労した分だけ

きっと不安も大きいのでは?

 

 

4月を迎えるまで1か月もあります。

今抱えている不安を1か月抱えるのはしんどいです。

そして、ただ思い悩んでいるよりも、

最後の1か月、やれることをやって過ごした方が

気持ちが落ち着きます。

たった1か月と思いますか?

いいえ、1か月あれば、

親の心がまえができます。

そして、4月からどのようなことに留意すればいいか

それがわかっていると安心できます。

どうぞ、金のたまご発達相談にご相談ください。

まだまだ空いていますよ~

(月、水、土曜日にやっています)

 

 

 クリック、励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

電話相談の予約はこちらから↓ ↓ 予約・料金のページへクリックしてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

レビューも入ってきています!

ブログでペアトレ!③「とりあわない」という方法

hinamama 2017年02月24日 

Screenshot_2017-02-02-20-04-20-1 (2)

お母さんがガミガミ言ってしまうのは

子どもが何度も同じことを言っても聞いてくれない時。

または、何度言っても同じ過ちを繰り返す時。

 

 

「何度言ったらわかるの!?」

「だめって言ったでしょ!」

こう言うと、ふてくされる子もいれば

屁理屈を言う子もいる。

「この前お母さんが言ったことと違う!」

「それじゃあこの前の話は間違ってるよ!」

「それがだめならこっちはいいんだね?」

などなど、あ―言えばこ―言うタイプの子も

かなりいると思われます。

 

 

屁理屈が言えるということは、

理解力・思考力があるということだから、

話せばわかってくれるのではないか?

親はこう考えて、一生懸命子どもを説得します。

理論立てて、筋道を考えながら丁寧に説明します。

この前と違う言い方にした方がいいかなと考えながら・・・

 

 

確かに、屁理屈を言うのはお利口さんだからかもしれません。

でも、言葉を変え品を替えて説明するのは

あまり効果的ではないようですよ。

 

 

毎度、違う言い方をするのがよくないみたいです。

言い方を変える分だけ屁理屈も増えるだけだし、

相手の反応が少しでも変化すると、

それが刺激になってまた子どもが逆らいます。

 

 

ですから、まず、第一に、

指示語は毎度同じ言葉で伝えること。

減らしたい行動、やめてほしい行動については、

「だからね、」とか「そうじゃなくて、」とか

説明はいりません。

たとえば、もう終わりにしてほしいなら

「もう終わりの時間よ」とだけ伝える。

何度でも同じ言葉で伝えるのがポイントです。

 

 

そして、第二に、とりあわないこと。

「もう終わりの時間よ」と言ったって、

子どもは終わりにはしてくれないでしょう。

つべこべ言うでしょう。

でも、その先はとりあわないこと。

「終わりなんだから終わり」と

きっぱりした態度を取る。

理由をわかってもらおうとか

機嫌を損ねないようにとか

あれこれ考えると逆効果です。

また子どもに反抗する刺激を与えてしまうだけかも。

とにかく子どもを無駄に怒らせてはいけません。

 

 

壊れたテープレコーダーみたいに

「終わりよ」「終わりよ」

と根気強く続ければ子どもは諦めることを覚えます。

 

 

これがペアトレの「無視をする」という手法です。

「無視」という言葉には何かいけないことのような

ニュアンスが含まれますが、

決していけないことをしているわけではありません。

 

 

子どもにわかりやすく適切な行動を覚えてもらう方法なのです。

子どもだって、ほんとうのところはわかっているのです。

余計なことは言わずにとりあわない方が

子どもの頭の中も整理がつくのです。

 

 

 クリック、励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

好評発売中です。


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

レビューも入ってきています!

 

Screenshot_2017-02-02-20-04-20-1 (2)

ペアトレは横浜市のたまプラーザで開講します。

お問い合わせは↓ ↓ ↓

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

星野源の息抜きは「塗りつぶし」

hinamama 2017年02月22日 

星野源

私は星野源が好きです。

彼の歌「SUN」がとにかく好き。

最初に彼を知ったのは「昨夜のカレー、明日のパン」

というNHKのドラマでした。

木皿泉の小説で、本が面白かったので観ました。

最後に流れる曲がプリンセスプリンセスの「M」で

これまた懐かしくて泣けました。

 

 

もちろん「逃げ恥」も観ましたよ~(^^♪

彼のエッセイも好きです。

言葉の選び方とかリズムが好きです。

今読んでいるのが「蘇る変態」。

彼がサブカルチャー好きなこととか、

二次元の女の子の絵に萌えるとか、

エッチな話がいくつか含まれていますが、

これだけメジャーになったスターが

「おたく」だというのは

本当に元気をもらえます。

「おたく」でもメジャーになれるぞ!!

 

 

本題は「息抜き」でしたね。

「蘇る変態」の中で、

彼は自分流の息抜きを紹介しています。

 

 

ストレス解消法として、彼は

ボールペンでもサインペンでもいいので

それを使い、白い紙をとにかく真っ黒になるまで

塗りつぶすのだそうです。

このイライラ解消法はどこかで聞いたことがあります。

「ずいぶんシンプルだし見た目は異様だけど、

これでなぜか気持ちがスッキリする」と書かれています。

 

 

あとは「枕に顔をうずめてスケベな言葉を絶叫」とか、

あるあるのストレス解消法も書いてありました。

紙を塗りつぶす方法はやってみようと思いました。

私は編み物が好きなので、

ひたすら同じ動作を繰り返して頭を空っぽにする所が

編み物と似ていると思ったからです。

 

 

悪口や言いたいことを紙に書いて、

くちゃくちゃにしてゴミ箱に捨てる、

という人もいましたっけ。

 

 

意外とそういう幼稚で簡単なことが効くんですね。

 

 

 クリック、励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

好評発売中です。


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

レビューも入ってきています!

 

Screenshot_2017-02-02-20-04-20-1 (2)ペアレント・トレーニング募集中です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

ブログでペアトレ!②「注意する」を増やすのではなく「ほめる」を増やす

hinamama 2017年02月20日 

77b5afc3e780de7a558c9ccbe60832ad_s

うちの子、コップをテーブルに置く時手元を見ない。

目を離してしまうから、すぐこぼすんです!!

「ちゃんと見ててよ、見ててよ!」

「こぼさないようにね!」

といつも注意するんだけれど、

それでも目を離してこぼしちゃうんです!

 

 

ちゃんとドアを閉めてね!

電気は消してきたの?

手を洗うのよ!うがいは忘れないでね!

出しっぱなしにしないでね!

ああ、なんと注意することの多いことか!

“(-“”-)””(-“”-)””(-“”-)”・・・

 

 

こういったことがらは

忘れてはいけないことであり、

守らなければいけないルールではあります。

でも、忘れん坊の凸凹さんにとっては、

自分でわかっていてもやっちまうことなので、

毎度毎度お母さんが注意することになりますよね。

 

 

しかも、その都度言っても、

その言葉の有効期限はその時限り。

次また同じ場面ではまたそれを言って注意喚起しないといけない。

一度言ってなおることではないんですよね。

「もう、何度言ったらわかるの!?」

となるわけで・・・

 

 

この母さんのイライラの解消法には

ふたつあると思います。

 

 

ひとつは、その声かけの有効期限は

その時限りだと割り切って、

毎回声かけすればいいことだ、

とあきらめることです。

次はちゃんとできてほしいと思うから

言い方もきつくなるしイライラするのです。

毎回言うもんだと割り切れば、

叱る口調ではなくなり

注意を促すといった優しいニュアンスに変わるのではないでしょうか。

 

 

もうひとつの方法は、

注意する言葉かけよりも

ほめる言葉かけの方を増やすこと。

「ほめることなんてないわ」

と思ったお母さん、

ぜったいに、ぜったいにほめることはあります。

見つけてください!ぜったいにありますから。

 

 

まず「この歳ならできてあたりまえだろう」

と思い込んでいることの中に

ほめるネタは隠れています。

 

 

「今日はこぼさなかったね!」

「電気消してくれた?ありがとう!」

「ドア閉めてくれて助かったわ!」

できたことを指摘するだけでもオーケーなんですよ。

 

 

ポイントは、「すごいね」とか

「上手だね」というほめ言葉じゃないところを

指摘してあげること。

 

 

「注意」は注意にとどめること

(叱らない程度に)。

「注意」よりほめるフィードバックをすること。

ほめてその良い行動に子ども自身が注目すること、

これがペアレント・トレーニングの基本的な考え方です。

 

 

 クリック、励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

Screenshot_2017-02-02-20-04-20-1 (2)ペアトレ4月生募集中です

 

好評発売中です。


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

レビューも入ってきています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブログでぺアトレ!やってみよう!①困っている親と困っていない子

hinamama 2017年02月18日 

0447642ab39529a3dbd8671b21599435_s

「忘れ物が多い」「宿題をしない」

「うそをつく」「何度言ってもきかない」

子どものこういう困った行動は、

子ども自身は困っていない場合がほとんどです。

 

 

親にとっては一大事なくらい困ったことなのに!!!

 

 

「親が困ってる度」は100%、

「子が困ってる度」は0%なんですから

果てしなく食い違っているんですよね。

子どもが直したいと思っていないのだから

親の思い通りにならないわけです。

 

 

親子の間で食い違いやズレがあると

親はなんとかそれを直したくて

ガミガミしてしまいます。

100%   VS   0%  のズレですから、

1回、2回の説得では言うことを聞いてもらえません。

だから、ガミガミになってしまうのです。

 

 

「何度言ったらわかるの?」

「こんなことじゃ、あなたが困るのよ!!」

“(-“”-)””(-“”-)””(-“”-)”・・・

 

 

そして皮肉なことに、

親がガミガミモードになればなるほど、

子どもはうんざりして心のシャッターを閉じてしまいます。

そう、耳を閉ざしてしまうのです。

悲しい悪循環の始まりです・・・

 

 

これをどうにかしよう!というのがペアレント・トレーニング、

通称ぺアトレです。

 

 

こういうガミガミモードのスパイラルに入ってしまった場合。

子どもは困っていないので、

現状を変えたいとは思っていません。

でも、親はすぐにでも変えたいと思っている。

「こうなってほしい」

「もう少し、○○になってほしい」

と思って焦っているわけです。

 

 

でも、こんなに親子にズレが生じている所で、

子どもに変わってもらうことは不可能です。

 

 

ですから、親が

「子どもにこうなってほしい」と思うことは

無理なのです。

むしろ、どうしてほしいかではなく、

「今、減らしたい行動」に焦点を当てた方がよいのです。

 

 

「忘れ物をなくしてほしい」

(=こうしてほしい)

ではなく、

親が「忘れものはない?」と聞いた時

「うるせー!」とか拒否するという行動を減らす!

こちらの方に意識を向けてほしいのです。

 

 

おわかりいただけましたでしょうか?

 

 

忘れ物をするのは、子どもに「覚えておくことができない」

という苦手があるからです。

苦手を得意にするのはすごくすごく大変なので

やらない方がいいです。

それよりも、むしろ、

親の言うことが素直に聞けないこととか

親の言う正論に反抗的になってしまうとか、

そういう子どもの行動を減らした方が

絶対にうまくいくんです。

 

 

それがペアレント・トレーニングなのです。

 

 

ペアレント・トレーニングは

幼児や学童(小学生)が対象になっています。

でも、中学生や高校生の子どもの親御さんにも

ペアレント・トレーニングは必要です。

私は今年は15歳以上の子どもの母親を対象に

ペアレント・トレーニングのプログラムを考えていこうと思っています。

 

 

まずはブログを通して、

幅広い年齢に向けた

ペアレント・トレーニングを発信して

実践に移っていきたいと考えています。

 

 

凸凹ミュージアムの企画は

少し後回しにさせていただきます。

今、一番必要なのは、

児童・思春期・青年期の親に向けた

ペアレント・トレーニングだと思うからです。

 

 

 クリック、励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

好評発売中です。


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

レビューも入ってきています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

みんなの息抜きはどこにある?

hinamama 2017年02月17日 

635965

ひきこもっていたとしてもリラックスできない人は多い。

皮肉ではなく、せっかく家にいる時には

きちんと息抜きもしてほしい・・・

 

 

当事者の若者に「テレビは観ないの?」と聞くと

「好きじゃない」と答える人の方が

「好き(観ている)」と答える人より

圧倒的に多いです。

 

 

好きじゃない理由を聞くと、

「ドラマなどは話の理解が追いつかない」

「二次元の方が安心して観れる」

「ニュースの内容が刺激が強すぎる」

「報道の内容を考えれば考えるほど怖くなる」

といった答えが多いようです。

 

 

確かに、

ドラマはなんだか実生活とは程遠いし、

逆に突き放されたような気持ちになるかもしれません。

報道もたくさんの分野があって、

どれもどぎつくて外に出るのが不安になってしまう。

 

 

でも、家で手っ取り早く息抜きするには

テレビは手ごろなツールです。

読書や絵を描くといった活動は

心にある程度のエネルギーがないと

なかなかとりかかれませんからね。

 

 

私はテレビ番組を選ぶのに

出演者で選ぶということをよくします。

「何を観るか」ではなく「誰を観るか」

という感じです。

 

 

あなたには好きなテレビタレントはいませんか?

見ているだけでなんだか元気がもらえる・・・

そんなタレント(俳優)です。

 

 

私は、マツコ・デラックスと

ウエンツ瑛士が好きです。

ふたりとも見ていて気持ちいいと感じます。

とにかく素直じゃないですか?

あくが強いように見えて、

スカッと正直なセリフを惜しげなく言い放つ。

それが正直な言葉だから嫌味がない。

そして、物言う時は惜しみなく言う。

気取らず、格好つけず、インテリぶらず、

自分の身の丈の言葉を使っている。

そういうところがとても好感が持てます。

だから好きなんです。

 

 

彼ら(彼女?笑)を見ていると

うんうん、今日も頑張ってるね。

ここにも正直者が素直に生きている!

と勝手に励ましてもらえるのです。

少し前まではこのメンツの中に

北島康介も入っていたのですが・・・涙

 

 

テレビは、その企画内容とかが

策略的だったり悪趣味だったり

マスコミの勝手によるところが多いので、

内容に深くとらわれると気分が悪くなることもありますが、

「人を見る」くらいの感じで観れば

淋しさがまぎれたり元気がもらえたりするものです。

 

 

私だけでしょうか?

 

 

 クリック、励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

好評発売中です。


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

レビューも入ってきています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お母さんの息抜き・頭のシャットダウン

hinamama 2017年02月16日 

85714b67b8f0535aa4383f2fd3414adf_s

少し前、私はひどい二日酔いになりました。

お酒が好きなので、ついつい呑み過ぎて

お酒に呑まれちゃうことがたまにあります。

 

 

二日酔いの朝ほど落ち込むことはありません。

ばかばかしいことをまたしてしまった・・・

なんて無駄なことをしてしまったんだろう・・・

しかもこんなに具合が悪くなる。

脳細胞がどれだけ死んでしまったのか。

記憶力の低下も数日尾を引きます。

 

 

先日は、作成しないといけない書類があったので、

(仕事がいくつか溜まっていました)

二日酔いのせいでそれができなくなってしまいました。

それもまたストレス。

でも、実は呑む前から頭の中は行き詰っていて、

まったく言葉がうかんで来なくて

手が止まっていたのでした。

それもあって、お酒の量が増えてしまったのかもしれません。

 

 

その日のお酒は自虐的なお酒でした。

無意識のうちに、「これでもかっ」という勢いがあったような・・・

そのせいで、すっかり丸一日思考が停止しました。

 

 

ところが、その翌日です。

すらすらと言葉がうかんできて、

仕事も億劫ではなくなっている自分に気づきました。

あれあれ?という変化です。

 

 

あー、いったん、頭をシャットダウンしたからだ!

 

 

私は、ただお休みをすることが大の苦手です。

熱が出たとか、怪我をしたとか、

ひどい二日酔いで身動きとれないとか、

本当に動けない状態でないと

100%ごろごろ休むことができません。

そういうタイプの人、読者の方にも

たくさんいらっしゃるのではないですか?

 

 

だから、私のからだがシャットダウンを望んでいる時には

自動で自虐スイッチがonになって、

ぐでんぐでんに呑んじゃうのかも!!

と、都合よい解釈をすることにしました。

 

 

みなさんに深酒を薦めているのではありませんよ。

自虐スイッチは必要悪というか、

からだが欲しているのかもしれませんということです。

 

 

身体が動かないという条件がなくても休める人は

頭がヒートアップしたら思い切って休むといいと思います。

えいやっ!とシャットダウンしちゃいましょう。

パソコンはシャットダウンして同期すると

そのあとはするするっと機能が回復しますよね。

ヒトの頭もそれと同じで、

一日でもシャットダウンすることで

重かったパソコンの処理時間がするするっと短くなるように

頭の中もするするっと回転し始めます。

 

 

みなさん、とっくにご存じでしたか!

私は今更実感したところです。

二日酔いにも効能があるんですね。

これからは二日酔いになっても

あまり自分を責めずに済みそうです。

人間のやることに無駄はない!!

 

 

みなさんはどんなシャットダウンをしていますか?

ひたすら寝る?家事を放棄して。

ライブに行っちゃう?カラオケとか?

ゲーム三昧する?

とにかく、スカーンと頭を空っぽにするの、

絶対いいですよね。

 
クリックお願いします。書く励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

好評発売中です。


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

レビューも入ってきています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

みんながみんな凸凹だということ

hinamama 2017年02月14日 

fcabade1dc046b70a7f38bb388f33c58_s

たくさんの人が気づき始めています。

凸凹がある人が意外と多いこと。

ただ、気づいている人の中で、まだ、

自分だけはそうではないと思っている人も多い。

 

 

凸凹と関係なく、人は、

他人のことはよく見渡せるけれど

自分のことはあまりよく見えない。

 

 

凸凹なのは、本当は当たり前のことです。

だから、凸凹だからといって障害なわけではない。

苦手と得意があってそれが込み入っているだけです。

ただ、凸凹が大きい人は、

障害の予備軍になることもあるから、

凸凹が大きい人は気をつけなければなりません。

 

 

ほとんどの人に凸凹があります。

その大きさが違うだけ。

ほとんどの人に凸凹があるから、

発達障害は増えて当たり前。

今までわざわざ判明しなかった人が判明しているだけ。

発達障害が増えれば発達障害の方がマジョリティーになります。

この勢いだと間違いなく発達障害の方がマジョリティーになります。

 

 

だとしたら、それは「障害」ではなくなります。

だとしたら、「発達障害」というカテゴライズは意味がなくなります。

「発達障害か否か」という判定は全く意味がない、

というか間違いであるということになるかもしれませんよ。

 

 

「発達障害」という名前は将来なくなる・・・

ような気がするのは私だけでしょうか?

 

 

「脳機能一部不全症候群」とか、

「特異性脳機能症候群」とか、

そんな名前になるんじゃないかしら?

 

 

「発達に偏りがある」なんて分類がそもそも曖昧です。

いろいろな精神疾患があって、

その中に脳機能一部不全(発達障害)があるから精神疾患になる人と、

環境因やストレスの脆弱性があるから精神疾患になる人がいる、

この二つに分ければそれでいいんじゃないの?

 

 

これはことばあそびのようにも聞こえるでしょう。

理屈で遊んでいるようにも見えるでしょう。

これは限りなく真実に近い事実だと思うのですが、

しかしながらこれは私個人の意見です。

 

 

追記:

発達障害がマジョリティーになったら、

福祉の制度は破たんするか作り直さないといけません。

また、「発達障害がある人口は実際に増えている」

という説も存在します。

諸説あるということはお知りおきください。

 

 

 クリック、励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

好評発売中です。


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

レビューも入ってきています!

 
Screenshot_2017-02-02-20-04-20-1 (2)

ペアレント・トレーニング4月生募集中です。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

お父さん、お母さん(妻)を信じてあげて

hinamama 2017年02月12日 

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s

日本のほとんどのお父さんは、

朝と晩と自分がお休みの日の子どもしか知りません。

朝と晩とお休みの日は、

お父さんも子どももおうちの中で

自分の「主観」で生きていられる時間です。

 

 

自分が過ごしやすいように生きる。

自分本位で生きられる時間です。

 

 

さて、平日はというと、

お父さんが「主観」(自分の感覚)よりも

「客観」(人の評価)の方を重視されるのと同じように、

子どもも人と比べられる「客観」を突きつけられているのです。

 

 

子どもの平日の昼間も

お父さんと同じで「客観」を重視されるのです。

昼間お母さんは、

お医者さんから、心理士から、

幼稚園や学校の先生から、

客観的な意見を聞かされています。

 

 

お母さんは「主観」と「客観」の間を

いったりきたりして

毎日揺れ動いているのです。

それはそれは苦しいと思います。

 

 

それから、お母さんは孤独です。

特に発達凸凹な子育てをしているお母さんは

毎日孤独な戦いをしています。

なぜなら、子どものことで、

他の人と共有したり共感できることが

きわめて少ないからです。

 

 

ママ友と「うんうん、わかる」「うちも同じ」

と言い合えることがあまりありませんからね。

他のママ友がしなくてもいいような心配をしなければならないし、

みんなと違うオンリーワンの工夫をしないといけない。

 

 

そして、たぶん、何よりつらくて孤独なのが

その自分のオンリーワンのやり方が

正しいのか間違っているのかを

誰にも確認できないことです。

 

 

「正しいのかな」『間違っているのかな」

「これでいいのかな」と確認し合ったり

不安を分け合えるのは、

お母さんにとってはお父さんしかいないのです。

 

 

難しいことなどしなくていい。

お父さんにはお母さんのオンリーワンの悩みを

聞いてあげてほしいのです。

「いいのかな」「いいんじゃない」

「そこは違うかもなあ」

という疑問のシェアをするだけでいいんです。

 

 

お母さんは心配のし過ぎなのではなく、

人と比べて人と違うということに

苦しんでいるのです。

 

 

ですからお父さん、

お母さんを信じてあげてくださいね。

 

 

(「親子で向きあう発達障害~あなたはたまたま選ばれただけ」より)

↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

 

 クリック、励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

Screenshot_2017-02-02-20-04-20-1 (2)

ペアレント・トレーニング4月開始です。

募集中です!お問合せは ↓

「お問合せ(ホームページ)」

TOPへ