8b71df3d131c52b52645eb6bd3c48aa2_s

金のたまご発達相談主催のペアレント・トレーニング

第4回を開催しました。

今回のテーマは「スペシャルタイムをつくる」でしたが、

番外編として「自分の怒りのコントロールについて」

ワークショップをとり入れました。

 

 

いわゆるアンガ―マネージメントです。

自分の心に生まれる「怒り」の感情を

どのように自己コントロールしたらいいかを考えます。

 

 

親の「怒り」の感情が、もしなければ、

きっと子育てはぐんと楽になるし、

自然に子どもが自分の力を伸ばし育っていきます。

 

 

ところで、皆さんが「怒り」を感じるのはどんな時でしょうか?

 

 

そう、いくつかあると思いますが、

以下の二つに集約されていると言っても過言ではないと思われます。

 

 

怒りを誘発する原因

1. 自分の予定狂い

2.  役割期待のずれ

 

 

日常の出来事の中でカーッとなる時、

まず、自分が予定を立てた通りに事が運ばなかった時、

これが多いのではないでしょうか。

 

 

〇時〇分にちゃんと出かけるために

「私は計画通りに行動しているのに、

なんでそこで予定が狂っちゃうの!!」

こんな時、超イラッとしますよね。

 

 

または、相手が期待通り動いてくれない時、

これもまたイラッとしますよね。

「こんなことくらい出来て当たり前でしょっ!」

「なんでそんなことが出来ないの!?」

こう思う時、めちゃめちゃ腹が立ちます。

 

 

あるいは、相手が期待してくること

(やってほしいと望まれること)が

自分のやりたくないことやできないことだったりしても

腹が立ちますよね。

 

 

この「予定狂い」と「期待はずれ」が

怒りのスイッチをonにしてしまうのです。

 

 

こういう「怒る時」というのは、

私たちが「困っている時」と言いかえることができます。

そう、こういう時、私たちは困ってしまっているのです。

 

 

ですから、怒ってしまった時、

「ああ、私は困っているんだ」

と思ってください。

同時に、子どもがキレた時、

「ああ、子どもは困っているんだ」

と思ってください。

 

 

怒っている人は困っている人。

怒っている私は困っている人。

こう思って、困って悲鳴を上げている自分の心をいたわってあげましょう。

・・・というお話をしました。

 

 

怒りを鎮める方法だってあるんです。

方法として練習すれば、

今よりは心穏やかに過せるようになるんですよ。

 

 

詳しく学びたい方は

ぜひ次回のペアレント・トレーニングに参加してください。

次回のコースは来年4月から開始する予定です。

詳細が決まりましたら、

こちらのブログでもご紹介します。

 

 

 クリック、励みになります。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★