d299ab25ad4d5845274ea33eb977ef21_s

最近は「療育」というと

「構造化」とか「ABA」「TEACCH」とか

そういうことをやる所という

イメージが強いですよね。

 

 

でも、もともとは療育は未就学児の

発達を促すために始まったものです。

医療と教育とが連携して

子どもの発達を促すトレーニングをしよう

という意味の言葉だったのです。

 

 

私の過去記事に、

「そもそも療育ってなんだろう」

ということを取り上げたものがあります。

改めてそれをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

「そもそも療育ってなんだろう」

 

 

療育機関には、地域差があります。

すごーく、あります。

そこにあるのが当たり前みたいな地域もあれば、
利用したくても利用できなくて
手をこまねいている人たちもいます。

そんな不平等な機関。

そもそも、療育って何をするところでしょうか。

知っている人には今日はつまらない話かもしれませんが、
少し新しい提案が入っているかもしれません。

療育とは要約すると、
①リハビリと似ている
②やることは、根っこのところは公園遊びと同じ
③小規模な集団の体験ができる。
(私流の要約なのでこの定義はどこにも載ってません)

PTとかOTとか、
身体の機能訓練(リハビリ)は、
定期的に通って身体の動かし方や
筋トレの方法を教えてもらうところ。
そこで専門の先生に触ってもらうのが一番効果的ですが、
たまに行くだけではあまり意味がないので、
先生のやっていることを家庭でも取り入れることが
効果アップの秘訣です。これが①番について。

②と③について。
療育とは、今でこそ対象が小学生に上がっている地域もありますが、
少し前は就学前の子どもが対象でした。
もともと、根っこのところでは、
感覚統合がうまくいかない子どもに刺激を与え、
脳から体の各部位にサインを送る機能を
発達させるという目的があります。
これは、実のところは、
幼児が公園で遊ぶ効能とかわりないものです。

砂を触る。砂を濡らす。感触を味わう。
それを喜ぶ、嫌う。

登る、降りる、速度を感じる、
つかむ、ぶら下がる、揺れる。

つかまれる、引っ張る、
ざらざらする、べたべたする、気持ちいい、痛い。

私のおもちゃ、だれかのおもちゃ、
全部ほしいけど怒られた。

好きだから叩いてみた。
好きだから抱きついてみた。

療育で目指す要素って、
この中にかなり入っている。
でも、昨日の話じゃないですけれど、
公園には予想できない刺激でいっぱいなので、
純粋には療育はできませんけどね。

でも、こういう毎日の遊びを親子で続ければ、
ママも立派な専門家です。
ただ、やっぱり専門知識の助けは必要な場合が
ありますよね。
なぜなら、知識があれば、
その「できなさ」がどこからくるのかが
推測できたりして、
そこを強化するアイデアが
浮かびやすい場合もあるから。

療育を受けたいのに受けられなかったと後悔しているママ、
今から自分でやってみませんか?
まずは、お子さんの情報収集から。

お子さんは、
さらさら、べたべたは好きですか?
登ったり下りたり、スピードを感じることが好きですか?
くすぐられるのは好きですか?
ボールはどのくらい投げられるのかな?

あれっ?と思うことがあれば、
そうです。
それが、相談機関を「使う」タイミングです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

言葉は進化し退化する。

時代に応じて意味が変わって使われていきます。

「療育」という言葉も

「やばい」という言葉も、

みんな同じような気がする、

というのは私のこじつけでしょうか (笑)

 
 クリックするとブログランキングに投票されます。

 励みになりますのでよろしくお願いします。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

 

 


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★