77c7a0ea0c31a536095519a781cf21b5_s

「依存」というのは

気がついていないだけで

多くの人が抱えているつらさだと思います。

 

 

育った環境の中で得られなかったものがある人、

足りないものがある人が、

依存気質を備えているようです。

人はそれをアダルトチルドレン(AC)

と呼んだりします。

 

 

足りないものと言うのは

親からの無償の愛だったり、

自分自身が承認される経験だったり。

 

 

そういう、

「君は君のままでいいんだよ」

と思える実感が足りないこと、

それが足りないので

不安で不安で仕方ないのです。

 

 

「私はここにいるよー!!」

と叫んでいるのに

誰も聞いてくれてない感じ。

 

 

「私がここにいていいの?」

と聞いているのに

だれも答えてくれない感じ。

 

 

そういう感じが不安を呼び、

地に足が立っている感じがしなくて

自分の存在が心もとなくて、

そのうちに

自分なんてここに居なくてもいいんじゃない?

って勘違いしていくのです。

 

 

だから、

ここに居続けるために

だれかにすがりたくなる。

何かにすがりたくなる。

自分の実態がないから

誰かに認めてもらわないと

自分の存在を実感できない。

だから、

誰かに、何かにすがる。依存するのです。

 

 

「私はここにいるよ!」

「誰か、気づいて!」

 

 

そして、誰も気づいてくれないと

思い込んでしまうと、

自分で痛い思いをしたり

つらい目にでもあわない限り

自分が生きてる実感がもてなくなる。

 

 

そう、自傷行為もこれを満たしてくれる

ひとつの方法です。

 

 

「ここにいるよ」

とにかくわかってもらいたい相手が

親だったり

パートナーだったり

子どもだったり・・・

 

 

つらいよね。

どうにもならないよね。

でも、だから、

だれかにしゃべったり

分け合ったり

できるといいんだけどね。

 

 
 クリックするとブログランキングに投票されます。

 励みになりますのでよろしくお願いします。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。