dd28ba106cc7a0ab81bf5c616c3da7f3_s

進学のコース(何を専攻するか)は

誰でも迷うところだと思います。

凸凹さんたちには

芸術系がおススメかな、と

私個人は思います。

 

 

「みんなと違っていていい」

ということが推奨される

唯一の学科だからです。

むしろ、みんなと違わないと

置いていかれてしまうかも。

 

 

実際、そこには凸凹さんたちが

多く集まっています。

凸凹が強い人の方が

能力が高い、ということもある。

 

 

ただし、

いくら芸術系だからといっても

みんながみんな

うまくいくわけではありません。

 

 

どの学部であろうとも、

あるものを怖がってしまうと

うまくいきません。

 

 

それは「人」です。

人が怖いと難しい。

人が怖いと人間関係も築けません。

人間関係の築き方が分からなくて

人が怖くなる場合もありますが。

 

 

また、過去の苦い経験から

人が怖くなる場合もあります。

あるいは、

感覚過敏から対人恐怖が起こることもある。

直接体で感じる違和感が

何かの思い込み

(人間関係には必ず結びつきのルールがある、

みたいな思い込み)

と結びついて、人への恐怖に

変わってしまうのです。

 

 

人と人との関係が

意外と曖昧さで繋がっているということを

信じられないし、そもそも

曖昧さというのがわからないのでしょう。

 

 

あるいは、

強迫観念があって

人の気持ちを損ねたらおしまいだ

とか

人は自分の行動を気に入らないに決まっている

とか、

極端な思い込みがあって

人恐怖症になっている人もいます。

 

 

「カウンセリングは役に立たない」

と言う人もいるようですが、

このような対人恐怖になっている場合、

カウンセリングはとても役に立つと

私は感じています。

 

 

だって、

その人の恐怖感を徹底的に理解して、

その思い込みをどうやって変えることができるか、

1対1でじっくり話さなければ

どうしようもないじゃないですか?

 

 

―外に出ることを諦めないでほしい―

トラウマから生まれた思い込みから

少しでも脱出できるお手伝いを

微力ながら続けている私の願いです。

 

 

 クリックするとブログランキングに投票されます。

 励みになりますのでよろしくお願いします。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。