ヘーホンホヘトハイ

 

マクドナルドのコマーシャル。

女の子があつあつのパイをほおばり

商品名を「ヘーホンホヘホハイ」

と言っているのを見て

同じものが食べたくなったであろうおじさんが

注文の時に本当に「ヘーホンホヘホハイ」

と注文しちゃうコマーシャルです。

 

 

オチで、最後の最後に小さく、

「ベーコンポテトパイと注文しても買えます」

と書いてあるところが面白かったです。

 

 

このコマーシャルを見ていた息子たちが

「なにこれ?」

「まじなの?」

とひっかかっていたのでびっくり。

 

 

そして、小さな子どもみたいに

ふたりそろって「ハハハハ!」

とウケていました。

すね毛をもじゃもじゃソファの脇から突き出して

足なんか重なり合っちゃって、

所せましと二人ソファにくっついて座って。

仲よく笑ってる・・・

 

 

「ほんとにこう言うやつ、いるかな」

「ユーチューバ―はきっとやるぜ、

たくさんいるぜきっと!」

「だな!」

 

 

こんな時間があるなら

他にはなにも望むものはないんじゃないかな。

こう思いました。

 

 

この先、彼らには卒業と就職が残っているけれど、

そんなことより、

コマーシャル見て大笑いして共感しあってる、

こういう姿の方が大切じゃないかな。

そんなことより。

 

 

就職できるかどうかわからないけれど

そんなことより、って思えた。

 

 

ここまで来た軌跡が宝物だって

そう思えたのです。

 

 

親がどうにか出来る部分って

ほんの少ししかない。

親が出来ることを放棄したままだと

大変なことになるけれど、

だから手を貸したところで

限界があります。

子どもは親の作品ではありません。

下書き通りの作品は出来上がりません。

だから、軌跡が大事だと思うのです。

 

 

追伸:「中学生の勉強に手を貸す・・・」

の続きは次回書きます。

 

 

 クリックするとブログランキングに投票されます。

 励みになりますのでよろしくお願いします。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ  

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
ペアレント・トレーニング、電話&Skype相談を行っております。

10月・11月は思春期向けのペアレント・トレーニングです。

オンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。