1b8a84dc22bd12c71883bfeef315f9d4_s

 

「勉強(成績)がうまくいかない原因の一つに

ゲームやスマホのやりすぎがある」

「勉強時間もゲームの時間も

親が管理しないと成績が下がる」

 

 

子どもが中学生になっても

親御さんがこう考えているとしたら、

うまくいかないと思います。

 

 

小学生だったら

「怒られるから」という理由で

子どもは親の言うことを聞くかもしれません。

でも中学生にもなると、

親の言うこと、聞きませんよね。

 

 

勉強はしたくないこと。

ゲーム(スマホ)はしたいこと。

なんでやりたくない勉強は増やされて

やりたいゲームは減らされるの?

子どもはこの程度にしか

考えていないのではないでしょうか。

 

 

理屈(道理)から言えば、

「いやなことをやるかわりにいいことを増やす」

こちらの方が理にかなってはいませんか?

 

 

だからといって、実際には、

ゲーム(スマホ)を増やす訳にはいかないでしょうが、

減らす(制限する)というのも無理があるように思います。

つまり、勉強とゲームの問題を一直線上に考えないことです。

 

 

もし、子どもの成績がぐんと上がるなら

ゲームもスマホも、好きなだけやったっていいでしょう?

(視力が弱くて困っている人は別ですが)

 

 

大人のあなたたちが、電車でも待合室でもリビングでも

それだけスマホをやっているんだから、

いまさらゲームの時間だけ取り上げるのは変です。

 

 

ゲームやスマホの時間を気にしているのは

携帯がなかった時代を覚えている世代の人だから

ではないでしょうか。

 

 

厳密にいえば、

ゲームで脳が委縮するという研究もあるようですが、

でも、凸凹っ子の親御さんたちは、

それを気にする前に整理しなければいけないことが

たくさんたくさんあります。

 

 

まずは、ゲームやスマホの時間については

あとまわし、あとまわし。

 

 

学校で身も心もクタクタになって帰った子にとって

ゲームのひとときがなによりの薬になっている

ということも少なくありません。

その場合、ゲームは「悪」ではなく

「良薬」なんですよ。

 

 

では、どこに着目するか?

どこに指示を与えて

どこに手を貸せばよいか?

 

 

それは、子ども本人が「出来なくて困っていること」。

逆を言うと、子ども本人が

「出来なくて困っていない」ことに手を貸しても

意味がありません。

 

 

本当は本人が気がついていないけれど

「出来なくて困ること」はたくさんあります。

でも、そういうことには子どもは耳を貨さないし、

かわりに反発が生まれるだけ。

 

 

わかりやすい例がこれです。

子どもの先回りをして

「宿題、今のうちにやっときなさい」

と指示したら、

「今、やろうと思ったのに!!!」と

ものすごく怒られた経験があるでしょう?

 

 

「今やろうと思った」のは嘘に聞こえますが、

本人は大真面目にそう思っているし、

「しよう(出来る)と思っているけれどしていない」

だけなのです。

 

 

だから、本当に困っていて

本当に出来ないことに指示を与えてあげるのがベストです。

手を貸してうまくいくのはここです。

 

 

ところが実際は、親というものは、

「本当は出来ると思っていること」

「ただ後回しにしているだけのこと」

など、子どもたちに関心のないことの小言が多い。

そういう小言が増えると

子どもの脳は誤作動を起こします。

そう、反発したり怒ったり、

マイナスの反応を起こすようになるのです。

 

 

しかも、こういう反応というのは

刺激があるごとに繰り返される。

行動というものは、

刺激があるごとに反応を繰り返し

増えてゆき、パターン化してしまうのです。

 

 

だから、勉強に関しても、

「勉強しろ」という刺激ではなく

「わからない勉強は手を貸しますよ」

という刺激に変えた方が合理的です。

 

 

放っておくと勉強しないから

「勉強しろ」と言うほかないじゃない!

と思われるでしょうが、

それでは、そう言い続けて

子どもが勉強するようになりましたか?

 

 

ねっ?

 

 

させたいことをしてくれなくて

バトルの日々を送っている親御さん、

声かけ(手の貸しかた)に改革を!!

 

 

「今、やらなければ手遅れになる」

この発想がみなさんの根底にあると思います。

でも、この発想が諸悪の根源なのです。

(厳しいことを言ってすみません)
●●●●●●●●●●●●●●

 

10月・11月は思春期向けのペアレント・トレーニングを開催します。

10月は横浜市たまプラーザで、

11月は新宿で開催します。

詳しくはホームページをご覧ください。

まだ空きがございます。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は

ペアレント・トレーニング、
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 クリックするとブログランキングに投票されます。

 励みになりますのでよろしくお願いします。   
  ↓ ↓      ↓ ↓   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ


↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。