ロウバイです。今年もいい匂いが漂っていました。

 

 

今年出会った全てのお母さんたちに伝えたい。

ロウバイどころじゃない北海道で雪かきをしているお母さん。

私のクライエントさんの中で最年長の60代のお母さん。

警察にも病院にもなかなかつながれない子のお母さん。

その他すべての出会ったお母さんたちへ。

お母さんという役はすごいってこと。

お母さんはお母さんであるだけで主演女優です。

 

 

お母さんは社会的にも内面的にも

大きな役割をになっています。

 

 

命を産み出したことが社会貢献になっている。

自然界(生物)の循環に関与しているのです。

 

 

そしてお母さん自身も

ひとつの役割を演じきらなければならない。

そう、お母さんという役を。

 

 

女であるということに演技はいらないと思います。

だって、女というのは素材そのままのことだし、

女は演技しなくても女でいられるから。

 

 

良いお母さんというのは

どれだけ演じきれるかで決まると思う。

素を出すことも大切だけれど

さじ加減を計ることも演技のうちだと思う。

 

 

本音を隠して毅然とするさじ加減。

たてまえやしつけばかりでなく

素でぶつかりあうさじ加減。

たっぷりべったりするさじ加減。

譲れないところは譲らないさじ加減。

 

 

お母さん、主演女優おつかれさまです。

 

 

お母さんはお母さんなだけで主演女優なんです。

子どもが立派になろうとならなかろうと

子どもが生きていようと亡くなっていようと

子どもの結果ではなくて

子どもを産んだだけであなたはお母さんだったし

生きるものとして大きな任務を果たした、

それだけでお母さんなんです。

 

 

「人はどの場面、どの役割においても

演じるものだ。どの役割も演じきれ!」

と言う人がいました。

その通りだと思います。

でも、

たまには力を抜いて役を降りて、

なんの役でもない素になりたいと

思いますけれどね。

 

 

ただ、人というものは

役を演じている時はきちんとしていられますが、

役を降りてただの自分になると

調子を崩したり欲張りになったり

わがままになったりします。

そうするとトラブルが起きるんですよね。

 

 

よい例が夫婦間の衝突です。

夫の前では素の自分をわかってもらいたい、と

欲張りになると衝突が怒りますよね。

 

 

これは私も課題にしていることです。

役割を捨てて「素」を求めると

私は自分のバランスを崩してしまうことが多いからです。

 

 

役を降りた素の自分をねぎらえるのは

自分自身しかいないのではないかなあ・・・

たまにいますけどね、

何でも話を聞いてくれる旦那さんとか(笑)。

 

 

そもそも「素」は「我」なのだと思います。

素になりたい時、それは我を張りたい時。

 

 

「すべてを演じきる」

これは私の目標(理想)です。

演じることはいつわりではありません。

だって、演出するのは自分自身なのですから。

本当の意味で自作自演です。

 

 

そして、私は「お母さん役」を

自分の主たるパートだと考えると

気持ちが落ち着きます。

私は女である前に「お母さん」なんだ、

そう思うと、焦って欲張りになっている心が

ほどけて我(われ)に帰れる気がします。

 

 

何かをしていないと気が済まない、

自分にできる何かってなんだろう、

やり残したことは何だろう・・・

こんなことばかり考えていると

自己肯定感が減っていってしまいます。

「人生は、選べると思うのは錯覚だ」と

私は何度もブログに書いてきましたが、

これは自分に言い聞かせている言葉なんです。

 

 

まずは、お母さん、

お母さんなだけで主演女優ですよ。

十分だと思うようにしましょうよ。

 

 

私の本にも書きましたが、

お母さんになるのに試験はない。

資格もいりません。

それなのに、お母さんになるだけで

資格が必要なくらい難しい

役割を与えられてしまうのです。

 

 

選ぶ余地もなくお母さんをしてきたみなさん、

今年もおつかれさまでした。

これからもお母さんであることに

誇りを持っていてください。

 

 

あなたは、

あなたの子どものお母さんである、

それだけで素晴らしい!!

結果なんて気にしないで!

 

 

 クリックするとブログランキングに投票されます。

 励みになりますのでよろしくお願いします。   
  ↓ ↓        

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。