KIRINのグラスにYEBISUビール 笑

正月の昼ビー。

ちゃんと2時間ウォーキングした後です。

これが私の「一瞬のハッピー」です。

 

 

今年は私にとっては厳しい一年になりそうです。

 

 

一番大きなことは、

臨床心理士が国家資格化する年なのです。

今年「公認心理師」という国家資格が生まれます。

試験は9月に行われます。

 

 

なんと試験を受けなおさないといけないのです!

 

 

「臨床心理士」という名前は残りますし、

私は今後も臨床心理士と名乗るつもりです。

でも、これは国家資格ではないので

医療の現場では実は役に立たないのです。

 

 

公認心理師法が導入されれば

論理的にはカウンセリングも診療報酬の点数に入る、

と、こういうことになります。

実際にそのシステムが採用されるのは

たぶん何年もかかると思いますが、

医療関係で働く臨床心理士は

公認心理師の取得を求められるのです。

 

 

ギョギョ!

それって私のこと!です。

子どもが生まれておばちゃんになってから

臨床心理士を取ったのですが、

みなさん一発で合格していた試験を

私は3浪もしているのです。

だから、今回は受かる気しないんです・・・

 

 

私のように受験しなおす人のために

新制度で足りない単位を埋めるための

講習会が用意されたのですが、

なんと開講数が受講希望者数に合わず

とりあえずの抽選になりました。

 

 

みなさん、血相変えて応募していました。

私も一応、やってみないうちから

放棄してはいけないと思い応募しました。

 

 

かなりの人が落選しました。

うわさでは7~8倍も倍率があった回も。

 

 

本気で当たりたかった人が落選するなか、

なんと私は当選してしまいました。

複雑な気持ちです。

 

 

でも、思い直したんです。

3浪した時は「神様がきっと私に

臨床心理士は向いていないからやめろ、

と言っているに違いない」

と思ったものですが、

今回は「神様がきっと私に

あきらめずにやってごらん、

と言っているに違いない」

と思うようにしようと。

 

 

テキストを閉じて翌日、

どこまで読んだか忘れてしまう私ですが、

今月から一念発起してみようと思っています。

これが私の今年の一番大きな抱負です。

 

 

あきらめずに資格試験を受けること。

そして記念受験ではなく合格を目指すこと。

 

 

受験の猶予期間は5年です。

4浪できる計算になります。笑笑

くそっ、やってやろうじゃないの!!

 

 

私の記憶力の心配もさることながら、

「一瞬のハッピー」のお酒を

制限しないと時間が作れません。

こちらのほうがつらいかも、です。

 

 

去年初めて手掛けた

「思春期向けのペアレント・トレーニング」。

これも世間のニーズ(反響)が多く、

ずっと続けていきたいと考えています。

しかしながら、春はお休みさせていただきます。

 

 

電話相談は通常通り行います。

お子さんの発達相談やお母さんのカウンセリングは

いつも通りお受けいたします。

当事者の若者の予約もお待ちしています。

現在私のクライエントさんで多いのは、

お母さんたちよりも

10代~20代の発達障害のある若者なんですよ。

 

 

というわけで

今年は私にとっては厳しい年になりそうです。

それでも、できるだけ穏やかに過せますように。

これが2番目の私の抱負、

というか望みです。

 

 

焦らず、欲張らず、

穏やかに過せますように・・・

 

 

みなさまもどうかこの1年、

穏やかに過せますように。

 

 

 クリックするとブログランキングに投票されます。

 励みになりますのでよろしくお願いします。   
  ↓ ↓        

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。