今日はちょっと暴露話です。

・・・・・・・

早寝早起きは言葉の発達に重要なことです。

睡眠不足は言葉の発達の妨げになると言われています。

だから、小さい子どもには

早寝早起き、規則正しい生活を!

と言うのです。

 

 

でも、これを知らない人は多いかもしれません。

なぜならそれを言ってはいけない、

という風潮が最近あるからです。

 

 

私が働いている市の保険所では

心理士にかなり自由が与えられていて、

お母さんたちにバンバン生活指導をします。

もちろん、早寝早起きできていない家庭には

生活のリズムを見直すようにアドバイスします。

 

 

ところが、生活のアドバイスは

プライバシーの侵害であり、

そこまで干渉してはいけない、

とする地方自治体もあるのです。

 

 

子どもの発達の相談を受けるものは

各家庭の生活にまで干渉してはいけないそうです。

家庭の睡眠時間や生活にまで

口出しをしてはいけないのだとか。

 

 

つまりは、そのような市では、

子どもの発達の特性については

説明義務があるけれど、

それ以上の説明(アドバイス)はしてはいけない、

ということになります。

 

 

モンスターペアレントが増えたり

なんでもかんでもSNSに投稿されたり、

そういった世の中が

「ふれずさわらず」といった

脆弱(ぜいじゃく)な社会を

作っているのではないでしょうか。

 

 

「子どもに発達の偏りがあることはわかった。

でも、それをどうすればいいの?」

というお母さん方の切実な疑問に

こたえてくれない相談機関なんて、

どれだけの意味があるのでしょうか?

 

 

電話相談で、

「心理士さんはは子どもの能力については

説明してくれた。

でも、それならどうしたらいいのか

それはわからないままでした・・・」

こう言うお母さんたちがなるほど多いわけです。

 

 

そういう、支援の方針にも地域差が生じている昨今、

それではお母さん方はどうしたらいいのか。

 

 

受け身で、聞いているだけでは足りないということです。

だから、積極的に知りたいことは

こちらから聞いていかないと

十分な情報が得られないのかもしれません。

 

 

以前、ブログに

「相談機関は使うもの」と書いたことがあります。

過去記事 ↓
「心理相談は『使う』もの」

相談機関は使うもの、利用する所なんです。

判断を下される所ではありません。

 

 

手伝ってもらう所。

力を貸してもらう所。

知りたいことを教えてもらう所です。

ぜひ、小さくならずに堂々と、

積極的に利用してください。

 

 

 クリックするとブログランキングに投票されます。

 励みになりますのでよろしくお願いします。   
  ↓ ↓       

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。