健診の心理相談でよく聞かれる質問があります。

今日は出題頻度が高い質問をふたつご紹介します。

今日聞かれた質問なんですけどね。

 

 

「育児書には子どもの一人遊びは大切に見守ること、

と書いてあるのに、ここでは親子遊びを大切にと言われる。

どっちが正しいの?」

 

 

答え:0歳の頃は自分の手の動きを確認したり、

触感を味わったり音を味わったり、

じっくり自分の手足を使って一人で遊ぶ時間は大切です。

でも、1歳半を過ぎた頃からは感覚遊びだけでなく

コミュニケーションを学ぶことが大切になってきます。

子ども同士で楽しく遊べるようになるには、

まずお母さんと遊んで、他者と遊ぶ楽しさを実感しないと。

だから、一人遊びよりも親子遊びの方が大切になってくるのです。

 

 

「発達障害は(最初はなくても)突然症状が出て来たりするの?

大人の発達障害はそういうことなの?」

 

 

答え:発達障害は生まれた時から持っています。

その時の環境によって、発達障害の症状は見えたり隠れたりします。

学校の勉強が始まる前は学習障害には気づきにくいし、

おうちでは何も問題なかったのに

幼稚園に入ったら急に出来ないことが目立ってきます。

大人の発達障害も同じ。今まで気づかれなかっただけです。

 

 

環境、というものがいかに鍵を握っているか、

思い知らされます。

色々な環境を体験することも大切な一方で、

環境調整をすれば発達障害は隠れるという一面もある。

 

 

あくまで環境調整を最優先しながら、

たまに冒険させたり

少しの無理をさせたりすることも

必要だということでしょうか。

 

 

質問募集中です

発達障害をめぐる疑問にお答えします。

お答えはブログ上で公開させていただきます。

 

 

 クリックするとブログランキングに投票されます。

 励みになりますのでよろしくお願いします。   
  ↓ ↓         

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。