冬でも綺麗な色はあるんですよね。

北国のあなたに届きますように。

・・・・・・・

 

 

先日のQ&Aのお返事をいただきました。

↓  ↓  ↓

質問に答えていただき、ありがとうございます。

自分が気付いてあげる事ができなくて、

二次障害で苦しませてしまったとずっと後悔していました。

最近では、手洗いを繰り返している様子が見えないので、

「最近、手を洗ってないよね」と声を掛けると、

「実は、洗ってるんだ、お母さんが気付かないだけで」

とニヤッと笑って言っていました。

初めての海外旅行となった修学旅行にも無事行くことができ、

友達と約束して、行った事の無い所まで一人で出掛けたりすることも出来るようになりました。

事前の電車の乗り換えや、時刻は一緒に調べたりしましたが。

ひなママさんが言われている通り、

子供っていつの間にか成長してるんだなって感じます。

こちらでも、色々勉強させてもらって、

子育てでも、とても良い経験をさせてもらったと思っています。

子供の問題が無かったら、ここに辿り着く事も無ければ、

自分の成長も無かったと思います。

子供と、出逢いに感謝しています。

出逢い、というのは、

小学校の担任の先生。

中学から支援級に入ることを薦めてくれた当時の教頭先生。

現在の高校の入試相談の申し込み用紙をくれた、支援級の担任の先生。

そして、現在の担任の先生も、急な変化に弱い子の為に、

一週間の時間割予定のプリントを作ってくれていたり。

今考えると、心配な事があったとき、

それを口にするより先に、まわりから手を差し伸べてもらっていた気がします。

ひなママさんのブログでも、その当時を振り返りながら、

これで良かったんだと、先に進む勇気をもらっています。

 

 

 

お子さんの成長、たくましいですね。

「実は(手を)洗ってるんだ」と

にやりとするあたりがたくましい。

自分で自分のことを調整していたんですね!

とはいっても、ここまでくるのに

それは大変なことが沢山あったに違いありません。

本当に、長い時間をかけてこそ、

子どもは進歩するということがわかるんですよね。

 

 

このお母さんの素晴らしいところは、

自分の思うように子どもを引っ張ろうとせず、

その場、その場を大切にしてきたことではないでしょうか。

その場、その場のお子さんを理解していたからこそ

周りの人を引き寄せたんだと思います。

周りの人が手を差し伸べたくなるような、

そんな親子だったのではないでしょうか。

 

 

運も実力のうち、です。

現在小さなお子さんや小学生のお母さんたちも

どんどん運を引き寄せていってほしいと思います。

難しい子育ては

お母さんひとりでは抱えきれないものだから。

 

 

最後に「知恵袋」をひとつ・・・

 

 

子どもがひきこもると、

みなさん「うつ」と思いがちです。

もちろんうつ状態には違いないと思いますが、

それが本当の原因ではない場合がほとんどです。

ひきこもりの直接の原因(きっかけ)は

「どうしても嫌なことがあるから」

というのが多いようです。

 

 

学校が嫌。(学校の雑音とか決まりごととか)

じっと座っていると気持ち悪くなるから嫌。

着替えるのが嫌(自分が着たいようにさせてもらえないから嫌)。

前の日にお風呂に入りたくないから嫌。

学校に行く支度をするのが嫌。

支度に時間がかかるから嫌。などなど。

 

 

なんらかの感覚過敏や

理解し難いとらわれた思考が

ものすごく嫌な何かを生み出している場合は多いです。

強迫症状とほとんど同じです。

発達障害と強迫性障害は

切っても切れない縁があるのです。

(知恵袋おわり)

 

 

 クリックするとブログランキングに投票されます。

 励みになりますのでよろしくお願いします。   
  ↓ ↓      

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「グレーな卵、金のたまごになあれ」は
電話&Skype相談も行っております。
こちらではオンリーワンのあなたのケースを
ひなママが一緒に考えていきます。

詳しくはこちらから
↓↓↓
~ 金のたまご発達相談 ~
http://hinamama.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↑↑↑クリックするとamazonにとびます。ぜひ読んでください。